ノバルティス ファーマでは、多くのかたに当社ホームページをご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したホームページをご用意しております。このサイトはゾレアの情報サイトです。ページ内を移動するためのショートカット

監修 : 日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部・感覚器科学分野 教授 大久保公裕先生

※ゾレアの季節性アレルギー性鼻炎における効能又は効果は、「季節性アレルギー性鼻炎(既存治療で効果不十分な重症又は最重症患者に限る)」です。

重症アレルギー性のぜんそくでお悩みの患者さまとご家族の方へ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
重症アレルギー性のぜんそくでお悩みの患者さまとご家族の方へ
メニュー閉じる

ゾレア投与のスケジュール

ゾレア投与の対象か確認するため、
投与前に検査を行います。

ゾレア投与を受けるための条件を満たすか確認するために、
投与前に数回受診していただく必要があります。
ご自身のスケジュールについては、各医療機関の指示に従ってください。

スケジュール例

病院・クリニックによりスケジュールは異なりますが、
ゾレアを使用するために、すべての□チェック項目を満たす必要があります。

1



1週間以上

↓

2



  • ※特異的IgE抗体検査はゾレア投与量決定までに、スギ花粉抗原に対する値がクラス3以上であることを確認する必要があります

数日後

↓
↓





  • ゾレア投与

ゾレア投与量決定後、ゾレア投与の実施は4回目の受診時になることもあります。

  • 併用する抗ヒスタミン薬の処方
↓
  • スギ花粉シーズン中、2週間または4週間毎に投与
  • 参考:保医発1211第2号(令和元年12月11日)
    『ヒト化抗ヒトIgEモノクローナル抗体製剤に係る最適使用推進ガイドラインの策定に伴う留意事項について』

ゾレアは月に12回、医療機関にて
皮下に注射していただく薬です。

ゾレアは通常、1回75〜600mgを、2週間または4週間毎に医療機関を受診して、皮下に注射していただく薬です。

治療は原則として原因である花粉の飛散時期に応じて行います。
自己判断で他の処方薬を減量または中止しないでください。

ゾレアの投与量と投与間隔は、体重と血液中のIgEの量によって設定されるため、患者さんごとに異なります。

  • ※IgE:アレルギー反応が起こる際に重要な役割をもつといわれる物質で、アレルギー体質の患者さんの血液中に多く存在しています。