ノバルティス ファーマでは、多くのかたに当社ホームページをご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したホームページをご用意しております。このサイトはゾレアの情報サイトです。ページ内を移動するためのショートカット

監修 : 日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部・感覚器科学分野 教授 大久保公裕先生

※ゾレアの季節性アレルギー性鼻炎における効能又は効果は、「季節性アレルギー性鼻炎(既存治療で効果不十分な重症又は最重症患者に限る)」です。

重症アレルギー性のぜんそくでお悩みの患者さまとご家族の方へ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
重症アレルギー性のぜんそくでお悩みの患者さまとご家族の方へ
メニュー閉じる

具体的な薬剤費の例

例えばゾレア投与量150mgで治療するYさん(33)の場合、
1ヵ月あたりのゾレア薬剤費は8,744円です。

初回投与前の血清中総IgE濃度と体重から、投与量が150mgとなった場合の薬剤費についてご紹介します。その他の投与量の薬剤費については、ゾレアの薬剤費をご覧ください。

Yさん(33歳)

33歳 男性/身長180cm やせ型

職業:教師
ひどい花粉症の症状により、授業を何度も中断しなくてはいけないなど、仕事に支障をきたしてしまっている

自己負担3

IgE

90 IU/mL

体重

67kg

→ ↓

ゾレア投与量

150mg/回、4週間毎

1ヵ月あたりのゾレア薬剤費
(150mgシリンジ1本の場合)

8,744円

ゾレアの投与量換算表
(1回投与量)

ゾレアの1回あたりの投与量並びに投与間隔は、初回投与前の血清中総IgE濃度および体重に基づき、下記の投与量換算表により設定されます。
注意:投与量換算表に該当しない患者さんへは、ゾレアの投与をすることはできません。

ゾレアの投与量換算表(1回投与量)図表

投与量換算表では、本剤の臨床推奨用量である0.008mg/kg/[IU/mL]以上(2週間間隔皮下投与時)又は0.016mg/kg/[IU/mL]以上(4週間間隔皮下投与時)となるよう投与量が設定されている。

ゾレア皮下注75mg/150mgシリンジによる治療を受けた場合の
薬剤費(1ヵ月投与あたり)

Yさん(33)

自己負担3割

ゾレア投与量

150mg/回、4週間毎

※ゾレア皮下注シリンジの薬価は2020年9月時点のものです

ゾレア皮下注75mg/150mgシリンジによる治療を受けた場合の薬剤費(1ヵ月投与あたり)図表

*ゾレアの投与量・投与間隔(薬剤費)は、初回投与前の血清中総IgE濃度および体重に基づき決定されるので、患者さんごとに異なります。